はじめて BI (ビジネスインテリジェンス) を始める人のため、BI とは何かという基礎から具体的な BI ツールの利用方法。SI 側の立場で解説しています。
ビジネスインテリジェンス入門 ビジネスインテリジェンス入門
BI の基本
BIRT
SQL Server による BI
サイト情報
ホーム > BIRT > BIRT のデプロイメント

BIRT のデプロイメント

スポンサーリンク

BIRT レポートはウェブアプリケーションとして、デプロイすることが可能です。

これによって、BIRT レポートをデスクトップ上でみるものとしてだけではなく、ネットワーク上に配置し、多くの人が情報を共有することが可能になります。

BIRT のデプロイメント

BIRT Report Viewer は Tomcat 上にウェブアプリケーションとして展開することが可能です。このため、ブラウザを通して多くの人がレポートを利用できるようになります。

これを行う手順は大まかに次の通りです。

  1. Tomcat をインストールする
  2. BIRT ランタイムを Tomcat にインストール
  3. 必要な場合、JDBC ドライバーを配置

Windows 上に Tomcat をインストールするのは簡単です。Tomcat のサイトからインストールパッケージをダウンロードしてきてインストールするだけです。

BIRT Runtime

BIRT ランタイムは BIRT ダウンロードページからダウンロードします。

BIRT Runtime

zip ファイルを展開すると、その中に WebViewerExample というフォルダがあります。これを Tomcat のインストールディレクトリ下の webapps ディレクトリに丸ごとコピーします。

BIRT Runtime

JDBC が必要な場合は、WebViewerExample/WEB-INF/lib 内にコピーします。

JDBC Driver for SQL Server を利用している場合は、sqljdbc4.jar のみコピーすれば動作するはずです。

Tomcat をインストールしたホスト上からアクセスする場合は、ポート番号が 8080 であれば http://localhost:8080/WebViewerExample/ にアクセスすれば、 レポートのサンプルが確認できます。

カスタムで作成した BIRT レポート *.rptdesign は WebViewerExample ディレクトリ内に配置します。それが例えば foo.rptdesign という名前であれば、 http://localhost:8080/WebViewerExample/frameset?__report=foo.rptdesign とすることでレポートが表示されます。

尚、その名前から予想できる通りこのレポートビューアはサンプルとして提供されています。このコードを書き換えることでカスタムのビューアとして利用することができます。


スポンサーリンク
ホーム > BIRT > BIRT のデプロイメント
小山圭介 著者
小山 圭介
4/15/1973生
米国在住のソフトウェアエンジニア。ITコンサルタント
»プロフィール
スポンサーリンク

© 2013-2014 小山圭介 ビジネスインテリジェンス入門