BI ツール入門

ホーム > BIRT > BIRT のインストール

BIRT のインストール

ここでは BIRT のインストールについて説明します。

そもそも、BIRT って何?という方は、「BIRT とは?」を先にみておいてください。

また BIRT は Eclipse を用いているので、そちらについては「Java 入門 - 開発環境」 が参考になると思います。

必要ソフトウェア要件は Java 1.6 JDK/JRE です。こちらについては先に確認しておいてください。

BIRT のインストール

BIRT は Eclipse のプラグインとして提供され、Eclipse のインストールサイトからインストール可能です。

BIRT Update サイト

2014年2月現在は Eclipse Juno (4.2.x) までアップデートサイトが利用可能で、Kepler (4.3.x) についてはまだ提供されていません。

最も簡単なインストール方法は、BIRT プロジェクトのダウンロードページから All-in-One (オール・イン・ワン) パッケージを取得することです。

BIRT Update サイト

All-in-One には BIRT レポート、Eclipse SDK が含まれているので、個別のフォルダに展開するだけで BIRT プロジェクトが利用可能になります。

任意のフォルダ (例えば C:\BIRT) を作り、上記ダウンロードサイトから All-in-One パッケージ (zip) をダウンロードしてきて、そこに展開します。

BIRT Update サイト

すると、そこに eclipse フォルダが作成されますので、その中の eclipse.exe を実行すれば OK です。 ここで起動した Eclipse からはプロジェクトの新規作成ウィザードで、Business Intelligence and Reporting Tools (すなわち BIRT ですね) が利用できます。

BIRT Update サイト

さて、こうして Eclipse が起動したら、さっそくレポートを作ってみましょう。

ホーム > BIRT > BIRT のインストール