BI ツール入門

ホーム > SSAS によるディメンションの定義、キューブの作成 > SSAS プロジェクトの作成とデータベースコネクションの作成

SSAS プロジェクトの作成とデータベースコネクションの作成

SQL Server Analysis Services (SSAS) のプロジェクトも、 SSIS の場合と同様で、ひとつの BI ソリューションの中に作成しておくと便利です。

ひとつのソリューション内で必要となる、ETL (SSIS の役割)、 データウェアハウスの構築 (SSAS) そして、後に行なうレポートの作成 (SSRS) というそれぞれのプロジェクトを 束ねておくと良いです。

SSAS プロジェクトの作成

SSDT ソリューションにて右クリックして "Add" から "New Project" を選びます。

"Business Intelligence" の下の "Analysis Services" を選択します。これが SSAS です。 プロジェクトの種類は "Analysis Services Multidimensional and Data Mining Project" を選びます。

データベースコネクションの追加

SSAS プロジェクトも SSIS の場合と同様に、SSDT 内でだいたい上側のフォルダーから順番に作業をしていくと良いようにできています。

Data Sources から "New Data Source" を選びます。ここで接続するのは、BI 用のデータソースとなる SQL Server データベースの "NorthwindBI" データベースです。

接続情報等については、お使いのデータベースの設定に従ってください。ここでは私の環境の設定を参考のため示します。

以上で SSAS プロジェクトにデータソースが作成できました。

ホーム > SSAS によるディメンションの定義、キューブの作成 > SSAS プロジェクトの作成とデータベースコネクションの作成