BI ツール入門

ホーム > SQL Server によるレポート作成 > SQL Server Reporting Service (SSRS) によるレポートの作成

SQL Server Reporting Service (SSRS) によるレポートの作成

ここでは SQL Server Reporting Services (SSRS) を利用して簡単なレポートを表示する方法を説明します。

ちなみに、どのようなレポートを作ろうとしているかということについては、 今回の記事の先頭ページである「はじめてのレポート作成」を見てください。

この記事はその流れで、SSIS でデータ取り込みを行い、SSAS でキューブを作り、いよいよ SSRS でレポートを表示(今回はプレビューまで)します。

SSRS プロジェクトの作成

まずは SSIS や SSAS のときと同様に、BI ソリューションの中に SSRS プロジェクトを作ります。

SSDT でソリューションを右クリックして、"Add" > "New Project" を選択します。

今回は "Reporting Services" カテゴリの中から、"Report Server Project Wizard" を選択しましょう。

プロジェクト名は "NorthwindBIReports" としました。

レポートウィザードによるレポートの作成

レポートウィザードが始まります。

クエリービルダー (Query Builder) ボタンをクリックします。

すると今回作成したキューブの情報が表示されます。

ディメンションを右側上部のペインにドラッグアンドドロップします。

右側下段にはメジャーを入れます。

レポート中に表示する属性も右側下段にドラッグアンドドロップします。

クエリビルダーで作成されたクエリーが表示されます。Next をクリックします。

キューブの内容を表示する形式を選択します。ここではマトリックス (matrix) を選択します。

カラム、ロー、ディテールとなるフィールドをそれぞれ、左側のリストから右側に移します。

スタイルを選びます。ここではデフォルトの "Slate" のままとします。

デプロイメントのロケーションを指定。今回はデフォルトのままとします。

"Finish" をクリックして、ウィザードを終了します。

これで SSRS プロジェクトが作成されて、その中にレポートがひとつ作成されています。

レポートをダブルクリックすると、デザイナーの中でレポートが開きます。今回は編集せずにそのまま使いましょう。

レポートファイルを右クリックして、表示されたコンテキストメニューから "Run" を選択します。

すると、今回作成したレポートが表示されます。

ホーム > SQL Server によるレポート作成 > SQL Server Reporting Service (SSRS) によるレポートの作成