はじめて BI (ビジネスインテリジェンス) を始める人のため、BI とは何かという基礎から具体的な BI ツールの利用方法。SI 側の立場で解説しています。
ビジネスインテリジェンス入門 ビジネスインテリジェンス入門
BI の基本
BIRT
SQL Server による BI
サイト情報
ホーム > マイクロソフト SQL Server BI > SQL Server BI による、はじめてのレポート作成

SQL Server BI による、はじめてのレポート作成

ここではマイクロソフトの SQL Server の発展的サービスとして提供される、各種サービス群を用いて簡単なレポートを作成します。

利用するツール・サービスは、SQL Server Data Tools、SSIS、SSAS、SSRS です。

省略語が多くて、はじめは何のことかわかりにくいかもしれませんが、それぞれのサービスの役割は明確です。 (まずは 「SQL Server BI の全体像」を参考にある程度全体像をつかむことをおすすめします)

ここで作成するレポート

まず、ここでどのようなレポートを作成するのか説明します。

ここでは、MS のサンプルデータベース Northwind を利用して、従業員別、顧客別の売上高を示すレポートを作ります。

ディメンションは顧客 (Customer)、従業員 (Employee) になり、メジャーは売上高ということになります。売上高は注文明細テーブル (Order Details) にて、 単価 * 個数 (Unit Price * Quantity) の和で求められます。

次の項目を上から順に進めて行きましょう。

  1. ビジネスインテリジェンス開発環境 - SQL Server Data Tools
  2. SQL Server Integration Service (SSIS) による ETL
    1. SSDT での SSIS プロジェクト作成
    2. SSIS プロジェクトのワークフローの定義
  3. SQL Server Analysis Service (SSAS) によるディメンションの定義、キューブの作成
  4. SQL Server Reporting Service (SSRS) によるレポートの作成

ホーム > マイクロソフト SQL Server BI > SQL Server BI による、はじめてのレポート作成
小山圭介 著者
小山 圭介
4/15/1973生
米国在住のソフトウェアエンジニア。ITコンサルタント
»プロフィール

© 2013-2017 小山圭介 ビジネスインテリジェンス入門